がまかつ アテンダー

がまかつアテンダー

がまかつアテンダー見つけました!発売前から注目していたのですが、
とうとう発売されていますね。がまかつファンならアテンダーの見逃さずに即購入が決まりです。
アテンダーの仕様についてですが、

全長:5.0m
標準自重:265g
仕舞寸法:111.0cm
素材:(カーボン)99.1%、(グラス)0.9%
モーメント:29.2
継数:5本
先径:1.4mm
元径:25.0mm
錘負荷:2?7号
適合ハリス:2?6号

全長5メートルって結構な長さですが、アテンダーはその長さを思わせないほど、思った以上に軽くなっています。

アテンダーなら女性でも無理なく遠投できるのではないでしょうか?
がまかつファンの間でも結構話題になっているのが、アテンダーのガイドです。

アテンダーのガイドは非常に細かく、繊細になっているのです。
またガイドをまっすぐに並べる事が出来るように、マークまで付いているので、いつもガイドがゆがんで並んでしまうというかたもこれで安心ですよね。

高性能のアテンダーなので、しなりがよすぎて、折れると思ってしまう人までいるそうです。それもそうですよね。胴までしなる!曲がる!のがアテンダーなんですから。

がまかつ アテンダー

がま磯 INTESSA G-IVとATTENDER

がまかつアテンダー最高のしなり・・・
ATTENDERからINTESSAG4へ、という事で、幾度となくがまかつはブランド竿にもなりかねる竿を発売してきましたが、このアテンダーは最強。
私は、今までINTESSAを使用していたので、確かにINTESSAを使用した後にアテンダーを使用すると、INTESSAよりはアテンダーのほうが竿が軽い感じがしますけども、そこまではあまり変わらないのかもしれませんね。アテンダーまでも、上回るのがINTESSAだと思います。
それでもやはり新しいもの見たさ・・アテンダーも購入してしまいました。アテンダーのよさ、それは、胴までも曲がるしなりと5.3m全身バネで耐える・浮かせる力です。食い込みのよいのでとくに磯では大活躍でした。穂先を装着、食い渋る磯で誘いを仕掛ける釣りに最適だと思いますね。
アテンダーのメーカー価格は、70000円〜82000円となっていて、0.8号から、2.25号まであります。そこらへんのショップでは高いわりには売り切れが多いという感じになっているので今非常に売れているんでしょう。アテンダーにはそれぐらいの価値はあります。

がまかつ アテンダー

がまかつ浮かせる力 アテンダー

がまかつ、がま磯アテンダー新発売されました!!
待ちに待ったアテンダーの登場でがまかつファンはみな喜んでいます!

がまかつの竿の魅力ってなんでしょう?
がまかつの真骨頂である「きれいに曲がる」「粘る」「浮かせる」を最新の技術と素材の組み合わせたのががまかつのアテンダー。私はアテンダーががまかつの集大成だと思っています。アテンダーは、魚が掛かれば胴まで曲がるアクティブサスの基本性能は同じに、アテンダーを使用する、釣り人の意のままに魚の引きと鼓動を十二分に味わえるロッドになっています!!

アテンダーのその綺麗なデザインが注目を呼んでいます。
がまかつなので気になるお値段ですが、こんなに素晴らしいアテンダーがそんな安いわけがありませんよね。もちろんそれなりにお高くなっています。
アテンダー の定価が、 85575円(税込)となっているのですが、がまかつの小売店のネットショップを色々見て回るとそれよりもアテンダーが一万円ほど低い値段で売られているものも結構ありますので、アテンダー購入の際にはよく選んで値段をお財布と相談されてくださいね

がまかつ アテンダー

がまかつがま磯アテンダーの性能

がまかつアテンダー最近から試験的に使用しています。
がまかつが、非常に柔軟性にこだわったというアテンダーですが、高くてとても手が出ないので、友達とワリカンにして、試験的に使用。その後購入しようと考えていますが、
一度使用したときかアテンダーのすごさに圧倒されて、それ以来やめられません。

アテンダーは、より小口径で前傾化された穂先ガイドになっているので、始めてみる方でもとても細かい繊細なガイドだという事がすぐにわかると思います。
アテンダーのガイドには、(チタンフレーム、SICリング使用)と元上部に装着し、
フリーガイドを設定することにより、遠投性とバランスが向上したという事です。
これは私も実践ずみですので保障できます。

また、初心者に多い、ガイドがバラバラにセッテングされるケース。それを気づかないままでいると、遠投なんてできませんよね?そんな人のためにアテンダーは、ガイド合わせマーク付きですので、竿のセッティングがとてもスムーズにしかも正確にできます

その他の注目点といえば、凹凸加工でしょうか、アテンダーには凹凸加工を施したノンスティック(特殊塗装)があり、ラインの竿へのベタツキを防ぎ、飛距離や仕掛けの操作性を飛躍的に向上させてくれます!

がまかつ アテンダー

がまかつアテンダーのお勧めポイント

私が一番がまかつブランドの中で誇り高く思っている商品。
それががまかつのアテンダーです。
アテンダーは、本来のがまかつ磯ロッドの真骨頂とも言われている竿なのですが、
竿の基本柔軟、力強いというキーワードがすごく良く似合う竿になっています。
「キレイに曲がる」「粘る」「浮かせる」それぞれを最新の素材とブレーディング技術により高い次元で実現させた次世代の細仕掛対応モデルそれが、『アテンダー』です。

繊細さを極める「がま磯アテンダー」は、ハリスをいたわりつつも、胴までも曲がる弓のような弾性とパワーで大物をじわじわと浮かすその釣り昧は圧巻。
折れるのではないのか?という緊張感が初釣り日には味わえるであろう。

アテンダーの基本理念である、がまかつ独自のトータルバランス設計が曲がる竿が柔らかい、魚が 浮かないという定説を一蹴したそうです。

アテンダーは、先抜けが良く、魚が掛かれば曲がるアクティブサスデザインの基本性能は同じに、トーナメント的釣法が主流のなかで、アテンダーを使ってのトーナメントにおける数釣りはもちろん、極細仕掛けを駆使し、釣れない大物を海面まで浮かせ取り込む、釣り人の意のままに魚の引きと鼓動を十二分に味わえるロッドになっています。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。