がまかつ ロッドケース

がまかつのロッドケース最高!!

釣り具の高いメーカーがまかつは知ってますか?その中でも注目して欲しいのはがまかつのロッドケースです!
とくにがまかつ竿をすでに持っているという方には絶対ロッドケースもがまかつにしていただきたいものですね。
まっ、3000円のロッドケースから、がまかつの釣具が出てくるというのもかっこいいのですけどね。お高いものはお高いものでちゃんと保護してあげたほうが一番いいかと思います。

私ががまかつが好きな理由名一つに色!というのもあります。
がまかつの黒!やっぱりトップでシブイです!ただの黒だけなら結構色々あるのですが、
がまかつ独特の赤のラインや、ネームがはずせたりするところ
どこをとってもがまかつのロッドケースはやはりシブイ!!
それでもさすがに、上から下までがまかつとなると、
どっかのクラブかと間違えられそうですが、見栄えはともかく、機能性やタフさと言うものを考えると、ロッドケースはやっぱりこだわっておきたいものだと思います。
ダイワやシマノのロッドケースも確かにグーですが、がまかつ竿を使用する人はやっぱりがまかつで行きたいと思う人が多くて当然だと思います。
がまかつの竿は人気のがまかつのロッドケースでちゃんと保護してあげてくださいね。

がまかつ ロッドケース

がまかつのロッドケースは防水加工?


がまかつロッドケースの購入を考えているのですが、
調べていると、がまかつのロッドケースが完全な防水加工ではない事がわかりました。
今までがまかつの商品も持った事の無い私なので、
とても有名すぎて完璧なものだと思っていました。
やはりロッドケースの完全防水加工は無理ですよね。

とりあえず、簡易的な防水加工はしているようで、YKK止水ファスナーの採用でファスナー部からの水の浸入を防いでくれるそうです。
ロッドケースの本体へのファスナーやサイドポケットの取り付けもすべて縫製ではなく溶着加工を施しさらに防水性を強化しているようなのである程度の防水性はあるのだと思います。

そのほかにもロッドケースは釣りの道具入れ、汚さないよう気をつけていても汚れてしまったり、汚れが気になったりがあると思いますが、がまかつのロッドケース本体は汚れを落としやすいターポリン生地を使用しているらしいのでそこら辺も安心して思いっきり持ち歩けるようです。

シブキのかかる渡船時や雨中の釣り等でも気にならずさまざまなシーンで活躍してくれるでしょう。岩やがけなどで傷ついたり破損したりするロッドケースの底部も強度アップしているので、外部からの衝撃耐久性がアップ!!

がまかつ ロッドケース

がまかつのロッドケースの購入

がまかつロッドケースを考えている方は購入するところを考えたほうがいいですよ。
がまかつの公式ホームページから購入するよりも、楽天や、個人サイトから購入するほうが安いことがありあます。

がまかつのロッドケースなら私が今まで見てきた中で一番やすかったのは、楽天でしょうか。20000円のロッドケースが、18000円になってたりしていました。
今までは安物の5000円ほどのロッドケースばかり使用していたのですが、やはりがまかつのロッドケースは違いますね。
機能でも、性能でも、質でもやはりがまかつのロッドケースです。
安物は傷つくのが怖くないし、どうせ安物だから〜などと扱えるところがいい点だと私は思っていますが、というか、そこしか良い点はありません。
べつに乱暴に扱うわけじゃなければ、ちょっと性質のよいロッドケース、それこそがまかつのロッドケースの購入をお勧めしますね。

購入の時はがまかつのロッドケースは高いと思ってしまうかもしれませんが、
購入してみると、あの性能や機能的なことに驚き、その値段でも納得してしまうと思います。
実際がまかつを購入している人はみんなそうだと思っています。

がまかつ ロッドケース

がまかつのロッドケース(大型竿用)

がまかつロッドケースは20000円代から購入する事ができます。
楽天や、オークションなどからの購入だともっと安くでも購入する事が出来ると思います。
私的に、ロッドケースは、長持ちするものよりも、整理しやすかったり、機能がよいなどの事が一番だと思います。

がまかつの大型竿用のロッドケースは、クエ竿、石鯛竿、投げ竿等の仕舞い寸法の長い大型竿の収納に最適です!!せっかくロッドケースを買ったのにお気に入りの竿が入らなかったりだと意味がないですものね。やっぱりロッドケースは長さや幅にも気をつけて購入して欲しいものです。
がまかつの大型竿用ロッドケースGC-226は、本体生地は強度に優れていて、水・汚れに強いP.V.C素材を採用したものになっているので、優れた耐久性を発揮します。
また、傷や、破損の一番の原因の底には樹脂製成型カップを使用し外部からの衝撃に対する保護性を高めるばかりでなく、滑りにくさも実現しているようです。

他にもこのがまかつの大型竿用ロッドケースGC-226は、なんと、タモ固定ベルト付になっているので、安心。底部内補強は内側が硬く、4角部が柔らかい2硬度仕様で、ケースの滑りまで防ぎます。

詳細のほうを下に乗せておきますね。
がまかつの大型竿用ロッドケースGC-226
素 材: 〈本体〉P.V.C
サイズ: 1650×120×75mm
重量: 3.2kg

がまかつ ロッドケース

がまかつがま磯ロッドケース GC-223

がまかつがま磯ロッドケース GC-223は、2008年モデルになっているので、新商品!!値段もがまかつにしては手ごろな20000円台になっています。
最近ロッドケースをなくした私は、近くのつりぐ屋さんで、安い3000円ほどのロッドケースを購入したのですが、やはり安物のロッドケースはあまりよくありませんね。
機能性もあまりなく、竿じたいにも、傷がついてしまったり、安定感がありません。

そこで、このがまかつがま磯ロッドケース GC-223に目をつけたのです。
もう購入している方もいるかもしれませんが、結構このロッドケース機能的にも、安定感も非常に良く出来ています。

がまかつがま磯ロッドケースは、生地強度に優れる P.V.C素材を採用していて、生地を触っただけでも、安物とは違う事がわかります。
それに、がまかつがま磯ロッドケースは、外部からの衝撃などがあっても、内部の竿をしっかりと保護してくれて、よくロッドケースごと車に置いてしまう私にとってはうってつけです。
素材となっているP.V.C素材は水や汚れにも強くなっていて、ロッドケースが汚れてしまっても汚れを簡単に落とせます。

一番の見所は、このロッドケースのフロントポケットです。フロントポケットは内部本体側のファスナーを開けることにより、ケース本体とつながり、リールをセットしたままの竿の収納が可能になっているのです。急な釣り場の変更にも楽に移動できます。

このロッドケースの外見は、本体周囲には光の当たり方で反射色が変化する特殊パイピングを採用しており、底部は外部からの耐衝撃性を高める 樹脂成型カップを使用されています。
購入を考えている方は楽天などからのお買い求めがいいですよ!


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。